興味をひかれるイベントの多い教会

名古屋にはいくつもの教会がありますが、中でもヒズコールチャーチは異色な存在ではないでしょうか。名古屋市中区大須にあるヒズコールチャーチは、さまざまな世代の方が集う教会として知られていますし、下は赤ちゃんから上はおじいさんおばあさんまでが訪れるような教会です。ヒズコールチャーチの主任牧師は、より多くの方にイエスキリストの教えを広めたいとの考えを発信していますし、そのために誰もが気軽に訪れることができる教会づくりを進めているのも見て取れます。その想いが実現してか、今では中京エリアのさまざまな地域から人が訪れるような教会になっているのです。2004年に教会を設置し、現在に至るまでに多くの方が礼拝に訪れ、日本人だけでなく外国人の方も大勢足を運ぶ教会になっています。

アクセスの良さも、ヒズコールチャーチに多くの方が足を運ぶ理由の一つではないでしょうか。ヒズコールチャーチは名古屋市営地下鉄の大須観音駅から徒歩で行けるほどの立地ですし、車での移動手段を持っていない方でも容易に訪れることができます。もちろん、すぐ近くには大きな道路も通っているということで、車やバイクで礼拝に訪れることもできるのです。アクセスの良さも、ヒズコールチャーチに魅力を感じる点の一つという声もあります。また、アクセスの良さだけでなく、先述したように主任牧師がさまざまな取り組みを進め、誰もが気軽に訪れることができる敷居の低い教会にしている点も、多くの人が足を運ぶ理由の一つと言えます。さまざまな楽しいイベントも一年を通して行われていますし、それを目当てに訪れている方も多いのではないでしょうか。

具体的にヒズコールチャーチでは、行っているイベント情報を自身のWebサイト上で公開しています。たとえば、ヒズコールチャーチでは夏にキャンプが行われています。キッズサマーキャンプと銘打たれたこのイベントには、毎年多くの子供達が集まり、仲間達と楽しい時間を共有しています。子供だけでなく大人も参加できるイベントになっているということで、ファミリーで参加しているような方も少なくないでしょう。また、女性だけのイベントとなるガールズナイトやクリスマスパーティー、カンファレンスといったイベントも行われていますし、実に豊富なイベントがあるのがわかります。ヒズコールチャーチでは、ここではご紹介しきれないほどの楽しいイベントが開催されているため、まずは魅力を感じたイベントから参加してみるのも良いかもしれません。

管理人が選ぶサイト◇◇◇WELCOME HOME – ヒズコールチャーチ(hiscallconference)ページ!

カンファレンスについて

独自の食文化や観光名所など、魅力の多い名古屋市にある教会がヒズコールチャーチです。地下鉄の大須観音駅からわずかな距離にある教会で、プロテスタントの教会として地域の方からも慕われています。ヒズコールチャーチの主任牧師は2人いますが、2人は夫婦で牧師としての活動を続けています。もともと主任牧師の自宅リビングからはじまったとのことですが、新しい会場で礼拝がはじまっても、場所が田舎だったためになかなか礼拝に訪れる人がいなかったのだそうです。そんな状況でも主任牧師は諦めることなく、日々祈りを捧げ続けたといいます。その結果、現在では多くの礼拝者が集まる教会になり、毎週300人近くの人が集まるような教会にまで成長できたのだそうです。

ヒズコールチャーチの特徴は、あらゆる世代の方が礼拝に訪れていることではないでしょうか。その中には神様の福音を聴いたことがない方のほか、神様の福音を受け取り救われた方も大勢いるでしょう。また、ヒズコールチャーチはこれまでの常識にとらわれることなく、楽しい教会にしたいという想いの強い教会でもあるのがわかります。事実、これまでに主任牧師が先導してさまざまな楽しいイベントを打ち出してきたのが見て取れますし、そうしたこともプラスに働いてたくさんの方が訪れるようになったのでしょう。しかも、日本人だけに留まらず、外国人の方も礼拝に多く訪れている光景も目の当たりにできるでしょう。また、とてもアットホームな雰囲気の中で礼拝が行われているということで、この点もヒズコールチャーチならではの特徴ではないでしょうか。通訳サービスもあるということで、外国の方でも安心して礼拝に足を運ぶことができているのでしょう。

ヒズコールチャーチによって行われているイベントの一つとして、ヒズコールカンファレンスが挙げられます。このイベントを通じて地域教会を励まし、一致団結して宣教に力強く進むことを目的としてはじまったというものです。このカンファレンスにも多くの方が集まっているということで、その様子はヒズコールチャーチの公式ホームページでも確認することが可能です。カンファレンスが行われているのは、同教会に併設されたホールです。また、子供連れの方のためにチャイルドケアも導入されていて、カンファレンス中にはヒズコールチャーチのキッズチームによる適切なケアが行われているとの説明があります。子供達が退屈しないようなアクティビティも用意されているということで、子連れの方も気軽にカンファレンスへ参加できるようになっているのが見て取れます。

多くの人が集まる国際的な教会

名古屋の大須は、日々多くの若者で賑わう街として人気がありますが、その名古屋市中区大須にあるプロテスタントの教会がヒズコールチャーチです。さまざまな年代の方が大勢礼拝に訪れる教会として人気があり、名古屋だけでなく近隣の県からも礼拝に訪れる方がたくさんいることでも知られています。ヒズコールチャーチの特徴としては、外国人の礼拝者も多いということでしょうか。インターナショナルな教会とも呼ばれていますし、実際ヒズコールチャーチにはロシアや韓国、フィリピン、アメリカといった国々の人が訪れています。このことは、ホームページを見るだけでも知ることができるでしょう。日本語と英語のバイリンガルサービスも行われていますし、ポルトガル語や中国語への通訳を利用することも可能になっています。これもインターナショナルな教会になった理由の一つと言えるでしょう。

ヒズコールチャーチによって発信されている、大切に考えていることがいくつかありますが、その一つとして四つの価値観が挙げられます。その中には、何事においてもプロの精神を抱き、質にこだわるという一文があり、これを一つの価値観として考えているということです。どんなことをするにしても、常にプロの精神を持つことによってクオリティを上げることができる、むしろ上げなくてはいけないとヒズコールチャーチでは考えているわけです。また、自分からへりくだり、人に尊敬を表すことの大切さについても、ヒズコールチャーチでは教えています。誰でも人を尊敬するということはあるでしょうが、それをなかなか表に出せないという方もいるでしょう。ヒズコールチャーチでは、自ら積極的に尊敬の気持ちを表すことが大切だと考えているのです。

毎週300人近い人が礼拝に訪れるというヒズコールチャーチですが、年間を通してさまざまなイベントが開催されていることでも知られています。ヒズコールチャーチがある地元ではすでに知られていることで、このイベントが楽しくてヒズコールチャーチに訪れているという方も少なからずいるのではないでしょうか。同教会の主任牧師は、誰もが気軽に訪れることができる楽しい教会にしたいとの考えを発信していますし、そのためにいろいろなイベントを打ち出しています。クリスマスパーティーやサマーキャンプ、ガールズナイトなどのほか、地域の教会を盛り上げるためのカンファレンスなども行われています。著名な牧師を招いて講演が行われることもあり、実に豊富なイベントが開催されているのです。こうした取り組みも、礼拝者が増えた理由の一つと言えるのではないでしょうか。

ハッピーな気分になれる教会

日本だと仏教徒が多い印象があるという方もいるでしょうが、実際にはキリスト教徒もたくさんいます。日本におけるキリスト教の歴史は古いですし、戦国時代や江戸時代にも隠れてキリスト教を信仰していた方が大勢いたことも知られている話です。現在では日本にも数多くの教会が誕生しましたし、毎週のように礼拝に訪れている方もいます。ヒズコールチャーチもたくさんの方が礼拝に訪れる教会として有名ですし、名古屋市中区ではそれなりの規模を持つ教会として人気です。2004年から地道に布教活動を続けてきた主任牧師夫妻が、地域の方との信頼関係を築いた結果、名古屋市内だけでなく三重や岐阜といった地域からもヒズコールチャーチに訪れている方がいます。それだけこの教会に魅力があるということなのでしょう。

大きな家族のような雰囲気の教会と、ヒズコールチャーチの主任牧師は語っていますし、実際ヒズコールチャーチはアットホームな教会です。礼拝に訪れた方達はいつも楽しそうにしていますし、まるで家族と過ごしているような雰囲気です。だからこそヒズコールチャーチには、中京エリアの至るところから人が訪れているのではないでしょうか。また、インターナショナルな教会でもあるため、さまざまな国籍の方が訪れているのもヒズコールチャーチの特徴です。アメリカやカナダ、ブラジル、中国といった国の方が訪れているということで、外国人の礼拝者のためにバイリンガルサービスも提供されています。こうした環境が充実しているからこそ、外国人礼拝者も今のように増えたのではないでしょうか。

明るい雰囲気の、楽しい教会にしたいという想いを掲げるヒズコールチャーチは、それを実現するための多彩な取り組みをしていることも特徴です。一年を通して数多くのイベントや催しが行われているのも、その一環と言えるでしょう。教会と聞くとどうしても静かにしていないといけない、楽しんではいけないといった印象を持ってしまう方もいるはずです。しかし、そうではなくもっと誰もが楽しい気持ちになれる、幸せになれるような教会にしたいとヒズコールチャーチでは考えているのです。恐らくこうした気持ちが多くの方に伝わったからこそ、今では毎週300人近い人が集まるようになったのでしょう。また、先述したように楽しいイベントも盛りだくさんです。そのため、イベントが楽しくて教会に足を運んでいるという方もいるでしょう。それをきっかけに神の福音を受けることができるという方も、中にはいるのかもしれません。

皆が楽しめるような教会

日本の三大都市と言えば東京と大阪、そして名古屋です。ここに福岡を加えて日本四大都市と称することもあります。東京や大阪に匹敵する都市圏を形成している名古屋は、観光地や郷土文化も豊富ですし、観光旅行で訪れる方も少なくありません。また、名古屋と言えば戦国時代に活躍した織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などにゆかりのあるエリアとしても知られています。名古屋では三英傑と呼んでイベントも行われています。そんな歴史ファンにはたまらない街でもある名古屋で、2004年から布教を行っているのがヒズコールチャーチです。ヒズコールチャーチはプロテスタントの教会で、牧師夫妻によって運営が行われています。現在では、毎週250人以上の人が礼拝に訪れるような規模の大きい教会に成長し、その名が知られています。

ヒズコールチャーチには、ほかの教会ではあまり見られないような特徴がいくつもあります。その一つが外国人の礼拝者が多いということではないでしょうか。ほかの教会でも外国人のキリスト教徒が訪れることはありますし、神に祈りを捧げたい外国人が訪れることはあるでしょうが、ヒズコールチャーチには実にたくさんの外国人が礼拝に訪れているのです。日本に比べて圧倒的にクリスチャンの多いアメリカやカナダ、フィリピンなどの人々も集まっていますし、実に多国籍で国際色豊かな教会となっています。これは、ほかの教会ではあまり見られない特徴と言えるのではないでしょうか。礼拝に訪れる外国人が多いことから、ヒズコールチャーチでは英語や中国語、ポルトガル語への通訳サービスも実施されています。

夢のある教会、楽しく明るい教会を目標にしているというヒズコールチャーチでは、いろいろな取り組みが行われています。主任牧師が先頭に立っていろいろなことを考えているのが見て取れますし、これまでもさまざまなアイデアを形にしてきたことも、発信されている情報を見ればわかります。主任牧師のアイデアと行動力によって、ヒズコールチャーチは今のような誰からも慕われるような教会になったといっても過言ではないでしょう。賛美ではヒルソング教会やプラネットシェイカーズ教会の曲、ヒズコールチャーチのオリジナル賛美を歌うこともあるといいます。小さな子供からお年寄りまで楽しそうに賛美を歌っている様子も見られますし、たまたま訪れたという方も一緒になって歌うこともあるようです。ヒズコールチャーチでは、より多くの方に教会に訪れてほしいとの考えを発信していますし、そのためにみんなが楽しめるイベントが数多く開催されているのでしょう。